ChapterIV 新カード短評【風】

2011.12.29 Thursday

お次は風。

個人的には最も収穫の大きかった色だと思ってます。
★はオススメカード

★イザナ
実質0コストのサーチフォワード。
黒チョコボがかなり強いので、セットで採用する価値は充分にあり。
PRチョコボを持ってきて、ヘイストで奇襲をかけるのもいい。

●ヴァン
色を問わなくなったひなチョコボ。
1ターンにゼムス2回起動や!

●狩人
そういえば3コスト一般兵って7000バニラが基準値だったので、地味に上位互換。
…のはずだけど、自分のバックアップでも選べないので実際はトントン換算なのか?
シーモアや赤魔道士に狙われないので、一般兵支援カードを合わせるとなかなかの存在感になる。

★黒チョコボ
これまでのチョコボを過去にした1枚。
生存してさえいれば確実に打点を通せるのだから偉い。
細かい火力の前には無力だけど、まあそれは仕方ない。
一般兵ではない点には注意しよう。

★シルドラ
キャンセラーとしては最高峰の性能。
アビリティだろうが召喚獣だろうが選んでいれば問答無用でキャンセルできるので、どんな局面でも腐らない。
システムユニットへの依存度が高いデッキのお守りとしても○。

●セブン
4コスト以上にブロックされないトレイとか一方通行じゃないですかー!
アビリティをキャンセルできるSアビは、実際に使うかどうかは置いといて抑止力としては優秀。

●そらごとの空賊
2弾ヴァンのイミテ。
本家と同じパワーを持つので、同じ感覚で使っていけるのが嬉しい。
赤魔道士やシェルクを起こしてあげよう。

●タイクーン王
ノラやレオノーラの下位互換じゃないですかー!とか思ってたらこっそりEXバーストがついてた。
ファリスを搭載した空賊デッキなら居場所はあるか?
レナと合わせるビジョンは現状のカードプールではちと見えない。

●トレイ
色々選ばれない人。
マリアでパワーを上げてやれば、なかなかの存在感を誇る。
クラスゼロデッキでなくとも使い道はありそう。

★ノノ
モーグリ軍団の中でも最高クラスの性能。
任意のタイミングでアクティブにできて、かつ使い減りしないのだから弱いはずがない。
1体起こせるだけでも充分なので、多色でなくとも採用の価値はある。

●バルフレア
構築段階でコスト帯を意識しておけば、かなり使えるサーチカードに。
Sアビの弾を回収したり、光闇事故を回避したりと、使い方は様々。

●飛竜
繋げやすいリンクに加えて、自己バウンスによる除去回避を備えた器用な竜。
相手の除去に対応して手札に戻し、再度リンクで展開するのが基本。

●風水士
似たような役割のシュミハザと比べると、コスト効率がいまひとつ。

●ユフィ
ヴィンセント支援が地味に強い気がする。
各種ヴィンセントは全般的にブレイブと相性がいいのだ。

●レダス
でっかくなった土のバーサーカー的ポジション。
どうせなら自分もパンプアップしてほしかった。

●Sレム
オーディンを止めるには4枚、シーモアを止めるには5枚の手札が必要。
そこまで手札を維持するのは難しいので、除去耐性はあまり過信しないほうがいいかもしれない。
3枚キープで赤魔道士に選ばれないくらいがちょうどいいか。
Sアビは強力なのでバルフレアと組ませるといい感じ。

●Eレム
クラスゼロ限定の色事故回避要員。
クラスゼロデッキは多色で組みたくなるので、3色以上になるなら是非採用したい。
自爆してスペースを空けられるのもグッド。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL