ChapterIV 新カード短評【雷】

2012.01.01 Sunday

2011年中に終わらせたかったのだが、年が明けてしまった…
あけましておめでとうございます。

年始の挨拶もそこそこに、雷。


★はオススメカード

●アレシア・アルラシア
Eレムと同じく、クラスゼロを色を無視して出せるようになるのはいいがちょっとコストが重い。
ただし(限定的ではあるが)フリータイミングでフォワードを出せる貴重なカードなので、今後のクラスゼロの追加によっては化ける可能性も。

●アンジールペナンス
ヘイスト持ちでサイズもなかなかだが、速攻デッキならこの枠にはUライトニングがいるので、能力をうまく活かした構築にしたい。
バルフレアや闇ヴィンセントあたりと組ませてみる?

●オーディン
軍神がついてEXバーストがなくなり1コスト軽くなったオーディン。
軍神で軽減できるとはいえ、重たい単体除去が使われるような環境でもなさそうなのでちと微妙か。

●ガーディ
アクティブ状態でいう制限はあるものの、パワーマイナス効果は使い勝手がいい。
アタック時にうまくちらつかせておけると強い。

●黒のワルツ3号
ー4000くらいが基本になりそうなので、小型イデアといったところか。
イデアと違い、出したあとの戦闘力が皆無なのが難。

●黒魔道士
アシスト版クリュプス。
この手の効果は割り込みで使ってナンボなので、アシストで使うのはイマイチ。

★ケルガー
リンク良し、Sアビの軽さも良し。
ルパインアタックを撃ったときの達成感は異常。

★サイス
器用な立ち回りができる人。
相手がウィニーなら小型を溶かしまくり、大型ならサイズを落として倒しやすくしたりと、色々足りないところを補ってくれる。

●ドレイス
ラーサーがいれば1コスト8000先制攻撃というおかしなスペックに。
現状はファンデッキどまりだけど、今後のラーサー次第ではワンチャンスあり。

★Rナイン
ルールーがいれば8000先制攻撃、かつSアビでアンタッチャブルと追加ダメージ付与可能と、ブロッカーとしてかなりの性能を誇る。
1コストのほうも強いので合わせて投入したい。

★Cナイン
1コストと気軽に出すことができ、かつ5000までのパンプを常に警戒させることができる。
レベルアップしやすく、かつレベルアップ先が強いので、セットで是非。

●フライヤ
ヘイスト+先制攻撃を併せ持つ、火雷速攻に入れてくれと言わんばかりの1枚。
速攻向きの竜騎士が今回追加されたので、Sアビを撃つ機会も意外とあるかも。

●砲撃士
コストこそ重いが、手札消費なしで飛んでくる7000ダメージはなかなか侮れない。
そしてバックアップを2枚も開けられるので、終盤戦ではかなりいい動きをしそう。

●見せかけの豪傑
小さいギルガメッシュ。
あと1000点を押し込んで相打ちに持ち込んだり、黒魔道士やオニオンナイトとコンボしたりと、使い道は豊富。

●ラムザ
実際に相手にしてみると、常に能力を使われることを警戒して動かなくてはいけないのがとても厄介。
見た目以上にプレッシャーを与えられるカード。
今後の騎士の追加によってはさらに可能性が広がる。

●竜騎士
状況に応じて3コスト4000ヘイストとしても運用できる器用なカード。
速攻デッキに入れるも良し、あとはゴルベーザから奇襲するなんてのもロマン。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL