ChapterIV 新カード短評【光・闇】

2012.01.02 Monday

これでラスト。

全カードレビューはフェイズ名古屋さんとかてててさんとこでもやってるので興味ある人は見にいくとよい。
結構人によって評価がバラバラだったりして面白い。
★はオススメカード

★ジタン
手札を増やしにくいこのゲームにおいて、手札オープンのハンデスがここまで強かったとは。
相手のキーカードをピンポイントで落とすだけでも充分なのに、パンプ能力が相手のその後の展開すらも妨害してくれる。
ハンデス主体のデッキでなくとも採用の価値はあるグッドカード。
個人的には、これを出して手札を貯めさせたあとにビビで焼き払うのが好き。

●聖天使アルテマ
シャントットに匹敵する全体除去能力を持つ召喚獣。
リセットボタンが必要なタイプのデッキで、土を絡めないという選択肢ができたのは大きい。
ただ聖属性フォワードも合わせて投入するとなると、手札事故の可能性もあがるのでそこはケアできるようにしておきたい。

●ドルガン
フォワードとしての戦闘力には期待できないので、どんなデッキにも入る3コストの除去召喚獣という感じ。
風や水など、除去に乏しい属性に入れてやるといい仕事しそう。
2コストバッツでコピーしたいアビリティナンバーワン。

★ミネルヴァ
プレリリースの会場で最も話題を集めたであろうフォワード。
場にいるだけでとてつもないアドバンテージを稼ぐことができる。
ただしセフィロスなどと違い、場に出てすぐの即効性のある効果ではないため、返しのターンでアレキサンダーや青魔道士されては目も当てられないことに。
自然、そういった除去に対する耐性を得られる風や土での運用が基本となる。

●ヴィンセント
何をするにもコストがかかるが、4コストとは思えないハイスペックっぷり。
何度もブロックさせるとそれだけコストがかかるので、アタッカーとして使うほうがよさそう。
5000ダメージを飛ばしつつ、雷の黒魔道士やオニオンナイトを絡めていければ強い。
ちなみに、ヴィンセントはこれで6枚目。名だたる主役たちを差し置いて最多枚数である。

●戒律王ゾディアーク
アルテマと異なり相手のみをブレイクできるので、こちらのフォワードが揃っている状態で撃てばゲームエンドまで持っていける。
自身もダメージを食らってしまうことを考えると、基本的には詰めの一手用か。
ヘイスト速攻に入れてみるのも面白いかも?

●ジェネシスアバター
10コストで相手のフォワード全滅!
…と思いきや、切り捨てが発生するため千の位が奇数のフォワードは生き残ってしまうのが悲しい。
他の全体火力と組み合わせればワンチャンスあるかもだが、コストが重いのがツラい。

●シド・オールスタイン
手札2枚以下というのは意外とよくある状況なので、確定除去として活躍できる場面は多そう。
除去に乏しい氷に入れてみるといいかも。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL