【デッキレシピ】土単Ver.4

2012.01.22 Sunday

4弾はクラスゼロとか色またぎリンクとかで多色を推しているように見えるが、各属性でできることが増えたので実は単色でもいけるんじゃないかと思っている。
そんな中でも個人的に最も可能性を感じているのが土単。

--------------------------
■フォワード(26)

3 陰陽師
3 シンク
2 ヴィンセント(1弾U)
3 リディア(2弾E)
2 バーサーカー
2 イングズ
3 ヴィンセント(3弾S)
2 カトル・バシュタール
2 玄武のルシ ギルガメッシュ
2 ディリータ(4弾S)

2 ジタン

■バックアップ(17)

3 幻術師
3 モンク(1弾)
2 黒魔道士
2 幽玄の道化
2 ギップル
3 ムスタディオ
2 シャントット

■召喚獣(7)
2 ゴーレム(1弾)
3 ヘカトンケイル
2 ゴーレム(4弾)
--------------------------

単色の利点といえば事故率の低さとバックアップの展開力の高さなのだが、土はフォワードもバックアップも重いカードが主力になるため単色のクセに動きがもっさりになる。
そこをケアすべく、軽い動きもできるよう意識して構築してみたつもり。
いわゆる力こそ正義型の土単だと、ウィニー相手に5分で瞬殺とかもあり得る話なので、フォワードはかなり軽めの構築になった。

>Eリディア
軽いリンク持ちを何か入れたくて、ヤンはちと違うな―と思って色々試した結果行き着いた。
戦闘力は低いが、数を並べて時間を稼いでもらうのが仕事になる。
相手がウィニーなど極端に低コストに寄った構築なら、Sアビリティもワンチャンスあり。

>バーサーカー
火力主体のデッキだと8000ラインは焼きにくく、かつ9000ラインの大型フォワードが少ないケースが多い。
火が相手だとなかなか強く、シンクとの相性もいいので採用。

>玄武のルシ ギルガメッシュ
敢えてプリッシュを外し、アタッカーに任命。
自力で使える+1000のパンプが大型同士の殴り合いではとても頼りになる。

>ジタン
光闇枠は悩みつつ色々試した。セフィロス、シド・オールスタイン、セシルなどなど。
結果、軽さと「いつ出しても仕事をする」という点において最も優れたジタンがベターという結論に。
テンポよく展開するためには、使いどころがまだ先の光闇フォワードを手札に抱えてしまうようなプレイングは極力排したい。


もうクリスタルカップはこれでいい気がしてきた。
自分の手に馴染んだデッキ=最強のデッキ。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL