ChapterV 新カード短評【風】

2012.04.17 Tuesday

たったかいきましょー。

次は風。
割と地味な強化だけど、モンスターがいい感じ。
★はオススメカード

●アーリマン
1弾アレキサンダーの互換。
さすがにEXバーストがある分あちらに軍配だが、今後大型モンスターが追加されるようなら逆転もあるか。

●アレキサンダー
まだモンスター対策に専用のスロットを割くまでではない。
今後のプールの追加によっては「2コストで割れるとかマジやべえ」になるかも。

●エンキドウ
各種ギルガメッシュはどれも強いのでハマれば強力だが、単体では仕事しない。
バルフレア+フランが強いのは相棒をサーチできるからなんだよね。

●狩人
今回妙に増えたお手軽自爆バックアップの1枚。
コスト的には損しているが、ドッジなど厄介なのを潰せるのは有難い。

●ガルーダ
火力に耐えたり、戦闘時に使って相打ちに耐えたりと使い道は多い。
ただしスロット的にはシルドラ優先になるかな。

●幻術師
再録。

★コボルト乙型
ユフィに変形するよくわからない生き物。
打点の通しやすさは往年のジタンに匹敵するかもしれない。
風の絡むデッキなら間違いなくアタッカーとして活躍できるはず。

★サボテンダー
針千本と針万本を見事に再現した能力。
お手軽に起動できるので、色々とコンボに繋げられる楽しいカード。
サボテンアスールとか。サボテンサテライトとか。

●シーフ
さすがにデッキデスはちょっとしんどそう。

★シド工房長
すりぬけ能力の強さは今更言うに及ばず。
自身をダルにしないため出たターンから使用でき、1ターンに何度も使えるのは便利すぎる。
最大の弱点はイラスト。

●白魔道士
お手軽シリーズ。
アクティブに関しては達人であるノノがいるため、あまり活躍の場はないか。

★セッツァー(5コスト)
SRにしてはちょっと地味とか言われてるかわいそうなセッツァーさん。
とはいえ全ての手札がイフリートになる能力は、同種の忍者やエースと比較しても破格のパフォーマンス。
Sアビも威力の割には軽くて使いやすい。
強いとか弱いとかいう以前に、とても燃費のいいカード。

●セッツァー(2コスト)
ギャンブラーらしいギャンブル系のSアビ持ち。
デメリットがきついので、ユールや風水師でのサポートがほしい。

●セミ・ラフィーナ
星の神子の横に置いておくとウザさ最高潮。
一応ダメージソースも持っているので、神子抜きでの採用もアリ。

●チョコボ2種
「黒チョコボを超えられるか」が今後のチョコボの課題。

●ナナー・ミーゴ
毎度おなじみのすりぬけ系だが、アタック時のボーナスがやたらと豪華。
2枚削るだけでも充分なのに意外とドローがよく決まる。
レイラが助走付けて殴ってくるレベル。

●風水師
地味な効果だが、対象が「キャラクター」なので応用範囲は広い。
バルフレアくねくねコンボにも使えたりする。

●ホープ
フォワード変形バックアップのサイクル。
「フォワードでもありバックアップでもある」このカードは、風特有の各種アクティブ系カードと組み合わせると色々怪しいことができそう。

●モーグリ-8組-
途方もない数のコンボパーツを要するが、これを活用して無限デッキ破壊が可能な模様。
どう考えても揃える前に死ぬけど、一度やってみたい。

●モーグリ-6組-
あまり積極的に使える効果ではないが、風においてはモーグリであることが一番大事。

●モグ(4コスト)
10000パワーくらいまでは普通に視野に入る。
同じく群れることに意味のある、4弾のモーグリたちと組み合わせて戦場を掌握したい。
もちろんセラデッキのサブエースとしても活躍。

●モグ(2コスト)
ウーマロと組ませろと書いてあるが、風氷ってなんとなくかみ合わない印象がある。

●ロック(3コスト)
トレジャーハンターらしく器用で、色々なことができる。
人によってはすげー強く見えるし、弱く見える人もいるレジェンドらしいカード。
セラと組ませて、モーグリの弾丸をひたすら回収する動きとか楽しそう。

●ロック(2コスト)
セリスと組ませるなら、片方だけレベルアップしてもう片方はそのままがおすすめ。
両方レベルアップすると微妙にかみ合わない。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL