MASTERS福島&土浦

2012.05.02 Wednesday

MASTERS福島&土浦に参加してきた。
連休の旅行も兼ねて、4人で車出して2泊3日の行程。
FFのサントラを車内BGMにしながら高速飛ばしたり、福島で温泉入ったり、旅館の部屋で深夜まで延々とデッキを回したりと、三十路前とは思えないテンションで大いに遊んだ。
いやー楽しかった。

●福島
30数名の参加。
自分らも含めて関東からの遠征も多かったけど、対戦できたのは主に東北の方々だったので良かった。
デッキは風単(PRクラウド型)を使用し2勝4敗の惨敗。
デッキそのものは悪くなかったのだが、自分が風単の戦い方を理解してなかった。
土浦への移動の車中では延々と反省会を。

●土浦
70数名の参加。
スタッフの予想以上に東京方面からの参加が多く、席が足りずに急遽一部屋追加で借りるという事態に。
まあ茨城とはいえ常磐線で1時間程度の距離だし、みんな千葉と同じくらいの感覚で集まるよなー。
デッキは前日の反省を活かし、初心に返って手に馴染んだ土単を。
福島の結果を受け、環境の推移が見えてきたので土浦のホテルで夜遅くまで細部の入れかえを施した。
結果は予選ラウンド5勝1敗1分で4位と自己最高成績!
そのあとの決勝トーナメントでは1回戦で負けたものの、目標としていた「公式コラムにレシピが載る順位に入る」を達成できたので満足。
各地のMASTERS上位入賞者限定の大会「MASTERS THE AFTER」への参加権利もゲットできた。
わーい。

というわけで続きは使用した土単のレシピ。
活躍しなかったカードは1枚もなかった自信作。
--------------------------
<土浦シティホテル>

■フォワード(26)
3 クルル
1 ヴィンセント(1-U)
3 バーサーカー
3 白虎のルシ クンミ
3 白虎のルシ ニンブス
3 ヴィンセント(3-S)
2 ガラフ(3-R)
2 ディリータ(4-S)
3 プリッシュ(2-S)
3 プリッシュ(5-R)

■バックアップ(17)
1 幻術師
2 パンネロ(3-C)
3 モンク(1-C)
3 狩人
1 モンク(3-C)
1 モーグリ-7組-
2 ギップル
2 シャントット
2 星の神子

■召喚獣(7)
2 ゴーレム(1-C)
3 アトモス
2 タイタン(5-C)
--------------------------

●デッキ名
前日泊まったホテルの名前。


●前提条件として
水雷、火水、風単。
この三つが環境の中心と踏んでデッキを構築した。
風単は正直ノーマークだったんだけど、前日の福島でやたらと使用者が多かったので急遽警戒することに。
事前に岡山で入賞したことと、公式のコラムで要注目と書かれてたのが大きかったのかな。


●フォワード
プリッシュやニンブスなど、レギュラーメンバー以外を環境に応じてチューン。

・クルル&ガラフ
今回のおしゃれポイント。
ブームは過ぎたとはいえまだ使用者の多いライトニングの対策として。
ガラフは実質2コスト8000で、かつ死ににくいので壁役として非常に優秀。
クルルはSアビを使えないのでバニラ扱いだけど、たまに見かけるコボルト甲型を止めるという仕事もある。

・バーサーカー
ニンブスもそうだけど、3コスト高パワーってこの環境では強いと思う。
基本的には、バックアップに狩人かモンクがいる状態で出す。
そうすると9000〜10000ラインまで狙えるようになるので、相手が大型でのブロックをためらってくれる。
ただそれだけなんだけど、相手にしてみれば結構厄介。それだけ7000と8000の間にはひとつ大きな壁がある。
こいつに除去を使ってくれれば、そのあとにニンブスを出しやすくなるのも○。

・クンミ
オーディンやリヴァイアサン、アレキサンダーなど使われてイヤな召喚獣は多い。
タイタンなどで捌くにも限界があるので、それらのアドバンテージを間接的に打ち消すための投入。
地味に先制を持っており、モーグリやゴーレムと合わせると優秀なブロッカーにもなる。

・ヴィンセント
雷に対して有効なのは言わずもがな。
また、厄介なフォワード化モンスターも含めてデスペナルティしたくなる場面が増えたので復活。

・ディリータ
大型はストラゴスだのリヴァイアサンだのにバウンスされる運命なので、嫌がらせのために投入。

・なぜマッシュがいないのか
持ってないからだよ!
というのはさておき、環境の中心に雷がいる以上どれだけパワーが上がっても無意味なので、積極的に入れる理由はない。
あくまで3コスト帯を中心に戦線を構築していくべき。


●バックアップ
ライトニング全盛期はムスタディオ3積みの構築だったんだけど、落ち着いてきたのでその辺を調整。
パンネロギミックはオミットし、割と無難なラインナップに。

・シャントット
前バージョンだと抜けていたが、また横に並ぶタイプのデッキが増えはじめたので復活。
風単ミネルヴァにも効果的。

・星の神子
今回の光闇枠。
フォワードを諦めてまでこいつを入れたのは、ストラゴスやセッツァー、シーモアなど止めたいものが多かったから。
土のフォワードの質はべらぼうに良いので、むしろそれらを守るために光闇枠を使うという考え。
アルテマに対する耐性が落ちたがそこはもう割り切った。


●モンスター
今回は採用なし。
シャントットでリセット後の戦力として盗賊バンガを入れるプランはあったけど、風単の輪廻王カオスを意識してフォワードをなるべく増やしたかったので見送った。


●召喚獣
こっちも割と無難かな。

・なぜへカトンケイルがいないのか
デッキスロット圧縮のため、キャラクター破壊全般はアトモスに一任することにした。
星の神子がいるので、赤魔道士や黒魔道士、魔人などには耐性がある。
割りたいのはマリアやワッカなどの3〜4コスト帯がメインになるので、なら4コストのアトモスで割ってもコスト損はそこまでないだろうと。

・アトモス
そんなわけで主な仕事は厄介なバックアップ破壊なのだが、地味にパーティアタック崩しにも役立った。
土の大型を突破するために相手は結構パーティアタックをしてくるので、そこに撃ち込めれば2体持って行けておいしい。


●仮想敵との戦い方

・水雷
タイタン大事。あとは星の神子も。
序盤はなるべくバックを並べ、除去に対してコスト損しない3コストフォワードを軸に展開していく。
ライトニング型ならガラフ爺さんに踏ん張ってもらおう。
星の神子がいればシャドウは全く怖くないので、ヘイストレベルアップにはそこまで怯えなくてもよい。
ヴィンセントがデスペナルティを撃つときは、なるべくベヒーモスやモルボルがフォワード化したタイミングにしたい。

・火水
星の神子があれば大半のカードを腐らせることができる。
ジタンが飛んでくる可能性が高いので手札にある神子はすぐ出してあげたい。
あとは壁役のバーサーカーを突破するための狩人が大事。
バックアップの選択を間違えなければあまり怖くない相手。

・風単
マリアを擁する風単はパワーラインが高そうに思えるが、実はコンバットでパワーをいじれないため見た目以上に殴り合いには弱い。
おそらくバックが3枚揃ったあたりからブンブンしてくるはずなので、適当に出させたところでシャントット。
あとはモンクやゴーレムをちらつかせておけば、ミネルヴァを出されても対処できる。


だいたいこんな感じ。
次の横浜はChapV限定なので、ここからの1ヶ月はそちらの調整を頑張ろう。
コメント
土浦決勝ラウンドで対戦した土単使いです。火土を含めると三人土が決勝残ったのは凄いなぁと思ってます。
限定構築も土単で頑張ろうかと思ってます。これからもいろんなところでお会いするかと思いますがよろしくお願いしますm(_ _)m
  • by ぽんた
  • 2012/05/04 1:55 PM
おー、コメントありがとうございます。
土浦とか、先日の溝の口とかどうもでした。

土はここまでノーマークでしたが、メタ的に穴をつけた感じですよね。一瞬だけ流行った風単にある程度有利だったのが大きかったんじゃないかと。

限定構築、自分も土単組み始めました!PRシンクが加わったおかげで色々なんとかなりそうな気がしています。
  • by 登別
  • 2012/05/06 9:41 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL