MASTERS福島&土浦その2

2012.05.03 Thursday

前回書いた通り、今回のMASTERSは4人で徒党を組んで遠征した。
面子はこーせー(@H_Tanigawadake)、委員長(@DameBlue_RK)、yuba(@js_cff_aua)。
自分含め全員ChapterIよりFFTCGをプレイしており、今回のような規模の大会であれば勝ち越しはできるけど決勝までは微妙に手が届かない、そんな感じの腕前。
「最終戦勝てばオポ次第で抜けられる」という状況で最終戦落とすか、勝ってもオポが低くて抜けられない、そんな感じの腕前。

4人全員がなかなか面白いデッキを使っていたので、今回は彼らが使用していたデッキを紹介してみようと思う。
まずはこーせーがデザインした火水。
彼は日頃から「カイアスとゴルベーザを並べて手札全部食ってバハムート烈ぶっぱ」とか妙なコンボを考えてばかりいるため、このデッキも細かいギミックが仕込まれたいいデッキになっている。
土浦で5勝2敗(繰り上がりでAFTERの権利獲得)だったので弱いデッキではないはず。

■フォワード(20)

3 バーサーカー
2 ビビ
2 フリオニール

2 ストラゴス(5-U)
3 ゴゴ(5-U)
3 アーシェ
2 ギース
1 レナ

2 セフィロス

■モンスター(2)

2 モルボル

■バックアップ(18)

2 ひなチョコボ
2 ムツキ
3 モーグリ1組
2 アジドマルジド

3 レン
3 ユウナ(1-U)
2 学者
1 アリア

■召喚獣(10)

2 フェニックス
3 バハムート(5-U)
2 バハムート(1-S)

3 リヴァイアサン(5-U)

続きに本人からのコメントを。
福島で負け越し、その夜調整して結果この形に。

バーサーカー&ゴゴがメインのギミック、打点のほとんどはゴゴが稼いだ。
レンがいればフェニックス撃っても必ず水が払えるのでお得。
ゴゴが注目されてなかったせいもあり、このギミックによるわからん殺しでアドとれる場面が多かった。
一応このギミックで11000Pまで討ち取れ、8000P以下相手ならそのまま場に残れる。ハイン相手にも一方とれる。
墓地に落ちたらまたフェニックスとレナで回収。
レナが1枚差しなのは持ってないから。持ってたらモルボルかフリオが抜けてた。
なんとなくモルボル入れたけど戦闘に1CP必要なフォワードが2種5枚ってのはさすがに多すぎた気がしてる。きつかった。

ビビとアジドとセフィロスはストラゴスと学者で使い回し。
頻繁にはやらないけどここぞという時役に立った。

闇枠がセフィロスなのは星の巫女が怖いから。ジタンで抜いてもいいけどドローして即出された場合が怖いのでセフィロスにした。
結局星の巫女は割らなかったけど、代わりにマリアとかトリオンとかオヴェリアとかたくさん割ったので結果オーライ。

赤魔がいなくてモーグリ1組採用されているのは赤1CP払うのがきついのと即効性がないから。
今回相手のパワーライン低いことが多く、赤魔使わなくても9000Pのゴゴが殴りかかるだけで大概は通った。
トドメが狙えるワンチャンスに一回でも出せれば充分だった。
あと、光ジタンがたまに会場をうろうろしていたというのも理由の一つ。
ジタンで手札を0にされても、返しのターンでモーグリ1組を手札に戻せばとりあえずパワーを4000に戻せるので。

レン(もしくは水バック)をパリパリ割る。
11000P以上のフォワードに立たれる。
モーグリ9組に2コスト帯寝かされる。
などをやられると辛い、泣く。
なのでパワーライン高い土は嫌い、本当に登別センセに当たらなくてよかった。
次いでマリア+ミネルヴァな風単が嫌い。特に二枚目のマリアが嫌い。
序盤火力で押し切りを狙うか、それでダメなら中盤以降セフィロスでバック割ってgdgdさせてデッキ切れで勝つ感じ。バック5枚が即揃う風単には勝てる気しない。
雷に3コストケットシーなんぞ出されようものなら諸手を挙げて退散する。

ライトニングはセフィロス、バーサーカー、ギース置いたら帰ってった。
シャドウは燃やした。

あ、ひなチョコボ結局一度も起動しなかった。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL