MASTERS横浜

2012.06.11 Monday

こんなデッキで出場し4勝4敗、余裕の圏外でございました。
アクセスのいい横浜での開催とはいえ、参加者が149名と大人数だったのは嬉しい誤算。
初心者さんぽい方もちらほら見かけたし、この調子で盛り上がっていってほしいものだ。

--------------------------
<アクティブ・レーザー>

■フォワード(22)

2 戦士
2 ダイスダーグ
2 竜騎士
3 シャドウ(5-U)
3 エドガー(5-S)
5 マート(PR)
2 シャドウ(5-R)
3 マート(5-R)

■バックアップ(16)

3 召喚士
3 魔人
3 エスタ兵
2 モーグリ-10組-
2 ナギ

3 星の神子

■モンスター(9)

3 ランツクネヒト型
3 ドラゴン
3 ベヒーモス

■召喚獣(3)

3 ライディーン
--------------------------

マートを使ってみたかったんだ。
一見ネタデッキのようにも見えるけど、割とちゃんと考えて組んだ。

まず、このV限定環境の主軸となる光闇は何かを考えた。
PRモーグリの追加により、さらなる安定感を得たセラ。
アビリティの弾になるカードは少ないけど、前のめりのデッキならその突破力を存分に発揮できるライトニング。
この2枚のフォワードに対し、わずか1コストで対応できてダルの必要すらないマートはきっと強い。
そう考えて、弾となるPRマートをかき集めてデッキを組んだ。

最初は2色で試していたけど、1ターンに複数回マートを使いたかったことやドラゴンの起動コストを確保したかったところから徐々に雷が濃くなり、気がつけば単色に。
単色ならランツクネヒト型も無理なく入り、マートと合わせて9000以上のラインまで狙えるようになった。
ダメージに耐性があるマッシュやハインはドラゴンで除去ればオーケー。
っていう理屈。

…と、ここまで読んで聡明な読者諸君ならお気づきかと思うが、構築の時点で星の神子を一切想定していない。
いや、していなかったのではなく、諦めたといったほうが正しい。
マートを、ひいては雷を使うと決めた時点で神子相手に詰むのは承知の上。
環境的にセラが一大勢力になると読んでいたので、神子を踏んだら交通事故と割り切った構築にすることにしたのだ。

んで、実際に神子を踏んだのは8戦中2戦。当然その2戦は落とした。
神子以外の対戦で2戦も落としたのがダメだったので、そこはプレイングがヌルかったと反省すべきだな。

結果は伴わなかったけど、マートやツクネでピチュンピチュンするのはすげー楽しかった。
平均して1試合に3マートくらい決めた(神子がいなければ)。
セッツァーでカード投げるの気持ちいーって人にはおすすめですマートさん。

次は8月の東京までMASTERSはお休み…と思いきや、仙台か長野に行く可能性が微粒子レベルで存在している。
負けて逆にモチベーションが上がったので、都合がつけば遠征あるかも。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL