ChapterVI お気に入りカード

2012.06.24 Sunday

新環境おもしれー。
前回は全カードレビューに途中で挫折したので、今回は各属性からお気に入りの1枚を紹介してみようと思う。
Sに限らず、コモンやアンコモンにもいいカードは潜んでいるぜよ。

火:重攻撃騎マナスヴィン
フォワードが与えるダメージを大きく増やしてくれるモンスター。
火力持ちと組み合わせるのはもちろんのこと、先制持ちに使ってもいい働きをしてくれる。
バルフレア+フランやPR闇ヴィンセントなど、全体火力とのコンボも楽しそうで、色々なデッキを考えたくなる。

氷:背徳の神帝マティウス
書いてあることの全てが強い。
基本的には詰めの一手用で、互いにフォワードが並んで膠着した状態を切り開くために使うことになる。
今までバハムートやライディーンがやっていた仕事をたった4コストでこなすのだから、そりゃ強いわけだ。
EXバーストが付いているので劣勢からでも逆転の可能性を残してくれるのが素晴らしい。

風:アークエンジェルMR
すり抜けデッキの新星。
同コスト帯にしかブロックされないというのは初めてのパターンで、土以外にはめっぽう強い。
マリアで底上げしてやれば4000火力にも耐えられるようになり、かなり安定感が増す。

土:ヘカトンケイル
除去はあるけど重いのばっかりだった土にとっては待望の存在。
同セットでリディアやグラビトンといった相性の良いカードが収録されているのもポイント高し。
中盤以降はほぼ2コストの確定除去。

雷:憤怒の霊帝アドラメレク
非常にテクニカルな召喚獣。
戦闘中にコンバットとして使うもよし、小型を一掃するもよし、大型への除去にするのもよしと、使い道が非常に豊富。
また、キャラクターを能動的にブレイクできるので、バックアップをこじ開けたりブレイクがトリガーとなるカードとコンボさせることもできる。
どうやって使うかを考えるのがとても楽しいし、マティウスやファムフリートと同様にイラストが美しいのもグッド。

水:アークエンジェルEV
セシルとよく似た効果だが、光闇枠を割かずに組み込めるのが実に使いやすい。
これとヤーグ・ロッシュを組ませて相手のアビリティを吸い込みまくるデッキとか楽しそう。
まぁそんなことせんでもティーダとかのエースを横で守ってるだけで充分強い気がする。

光闇:エルドナーシュ
真世界使ってみたいよね。
マティウス真世界とか、カイエン真世界とか、秘匿大軍神真世界とか。
ネタの一言で済ますにはもったいないポテンシャルは秘めていると思う。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL