ChapterII 新カード短評【水】

2011.06.15 Wednesday

●アグリアス
主人公を差し置いて新カードが追加されてるあたりに人気が伺える。
実はレベルアップ持ちの中ではかなり優秀な部類に入るカードだけど、レベルアップ後の性能が今ひとつなのが残念。
3人目、4人目のアグリアスさんが登場すれば化ける可能性あり。

●カイナッツォ
最強アタッカーのガーランドですら無傷でブロックする最強ブロッカー。
パワーが5000あるので、火力でも微妙に焼きにくいのがまた高評価。
水が絡むデッキは防御的に動くことが多いので、とりあえず積んでおいても困らない。

●キスティス
キスティス→ユージュ→バイキングとか。
地味に低コストフォワードをパンプできるので、一般兵デッキに組み込むのがいいかも。風水師出せるし。

●魔界幻士
2コストバックアップとしては充分すぎる性能。
オーディンとアレキサンダーをキャンセルできるのだから弱いはずがない。

●ユージュ
3コスト6000という基準値に加え、リンクに手札入れ替えと至れり尽くせり。
アルマやモーグリとは違い手札をデッキに戻せるというのが非常に強く、特に皇帝とは最高の相性。

●ユウナ
色々と夢が広がる良SR。
非常に運用の幅が広く、使い手のセンスが問われる1枚だと思う。
とりあえずシーモアに対応ドレスアップでドヤ顔したい。

●ローザ(バックアップ)
オーディンやアレキサンダーで除去られても、アドバンテージを取り返せるのが強い。
擬似的に風水師のような能力を全フォワードが得られると考えれば、その強さが実感できるはず。

-------------------------

1弾では最も単色で戦えない色だったように思えるが、ちょっと盛り返したかな。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL