【FFTCG】Chapter9新カード雑感

2013.03.10 Sunday

プレリに参加してきたので、新SRの雑感など。
テキストはどこかで探してください(適当)。


■火

選ばれないとかダメージを減らすとか書いてあるカードが増え、これまでエースだったカードにも天敵が増えたため、発想の転換を求められている色。素直に殴り合うほうが強くなったような。

・ザックス
ODのテキストをヤンみたいに格闘するものだと勘違いしていた。さすがにそれじゃ弱いわな。
バックアップが並んでいれば5コスト11000と破格のサイズになれるが、ガーネットを筆頭にバック破壊が充実しているスタンでは少々心許ないか。限定構築ではエース候補。

・ティファ
これまでの「ブロックさせない」火とは逆の方向性を目指したカード。こういうデザイン好きです。
強制ブロックによる疑似除去にこだわらずとも、ヘイストの付く高火力アタッカーとして運用しやすい。ソルジャーやセルテウスを絡めて打点を高めていくのが強そう。


■氷

相変わらずピンポイントのメタカードの多い色。思念体トリオは色々可能性を感じる。

・カダージュ
テキストそのものに目新しさはないが、氷にオールマイティな5コスト9000が加わったというのが重要。EXまで付いて大判振る舞いである。火氷や氷雷より氷単に合いそうな感じ。

・レディ・リリス
小さい皇帝。場持ちが悪いサイズなので過信は禁物だが、環境に存在するからにはとりあえず意識しなくてはいけないカード。


■風

アンタッチャブルのカードが一気に大充実。とはいえサイズの小ささは相変わらずなので、そこを補う必要がある。装備品を最も使いこなすであろう色。

・エアリス
これ1枚で、フォワードとバックアップのほとんどがアンタッチャブルになるというとんでもないカード。ガーネットやパロムといった過去の環境を席巻したカードに対して強力なため、環境に一石を投じることになりそう。完全に守りのカードなので、攻め手はちゃんと用意しておかなくてはならないが。

・ユフィ
手裏剣はどこかに忘れてきてしまったらしい。このうっかりさんめ。
未完成のテキストではあるが、アイテム装備時のボーナスがとてつもないため現時点でも充分に活躍可能。適当にアイアンソードでも持って殴ってればいいんじゃないの。


■土

毎回ちょっとずつ器用になっている色だが、今回も除去系カードが加わったりした。とはいえ、ブレイブ付けて殴る脳筋カラーであることに変わりはない。

・バレット
数が並んでいると出力は落ちるが、タイマンなら9000ダメージ。1コストODとしては充分な性能ではなかろうか。ちと不器用だが、土はこのくらいでいい。

・ロベルアクベル
ODっぽいテキストだが、ODではないのでコストは分割払いなのに注意。除去対象はフォワードだと思ってたがよく見たらキャラクターと書いてあった。土単の救世主になり得るかも。


■雷

今回のイチ押し。さんごの剣を持ち替えながら殴りかかるのがつえーんだ。ヘイストや先制攻撃をうまく使って、多彩な攻めを見せていきたい。

・ケットシーXI
手札の質を高めるバックアップ。手札の色を調整してもいいし、ヘイスト忍者や9弾戦士など、雷の一般兵は質がいいので普通に戦わせてもいい。Sアビの「すべてのキャラクターをブレイクゾーンに置く」はコストなので、自分のだけ捨てることになる。お間違えなきよう。

・ルーファウス
サーチは正義。タークスにはバックアップもいるので、マイナステキストを安定させるためにそちらを採用するのもいいだろう。自身が除去られやすいサイズとはいえ、全体マイナス2000は戦況を一変させるには充分。ハシュマリムはロマン。


■水

シナジー系カードが多めの印象。サーチも豊富であり、多色で組む際の潤滑油っぽい位置づけか。

・リリゼット
汎用性の高まったミリ・アリアポーといった感じ。守りを固めるのにもいいが、攻めにも使える。2コストで出てくるととても強そうに見える。単体では仕事しないが、サポーターとしては最高レベル。

・レフィア
かわいい。


■光闇

少ない。

・クラウド
Sアビがただ強と思いきや、風に当たったらほぼ無力化される。と思いきや、単純に10000アタッカーとして殴ってるだけでそれなりにクロックを刻んでくれたりもする。Sアビに特化しすぎない構築のほうがいいのかも。

・セフィロス
先制攻撃のコツを忘れてしまったらしい。このうっかりさんめ。
高いコストに見合うだけの豪快な除去は、数少ないエアリス対策でもある……このへんやっぱり狙ってるのかな。除外からの復帰テキストを活かすなら単色に寄せたいところ。限定構築の光闇枠筆頭か。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL