【FFTCG】非公認大会「第3回妖星乱舞杯」のおしらせ

2013.08.28 Wednesday

第3回妖星乱舞杯

日時:2013年9月22日(日)
会場:小松川さくらホール 集会室第1(東京都江戸川区)
アクセス:都営新宿線「東大島駅」徒歩10分
フォーマット:レア以下限定戦(スイスドロー形式+決勝シングルイリミネーション)

※レア以下限定戦とは※
・たまには普段使わないカードに目を向けてみるのもいいんじゃない?ということで、Sレア以上のカードのパワーに頼ることなく各々が独自のデッキを構築し、多様な対戦を楽しむことを目的としたフォーマットです。
・形式はスタンダードです(ChapterI〜Xまでのカードが使用可能)。
・本フォーマットにおいては、以下のカードを禁止カードとします。これらのカードはデッキに1枚も入れることができません。
レアリティ:Sのカード(カードNo.が「○-○○○S」と表記されているもの)
レアリティ:Lのカード(カードNo.が「○-○○○L」と表記されているもの)
レアリティ:PRのカード(カードNo.が「PR-○○○」と表記されているもの)


参加費:300円
参加賞:プレミアムカードくじ

定員:54名(参加希望者が席数をオーバーした場合、抽選になりますのでご了承ください)


<景品>
上位入賞:『ファイナルファンタジー』シリーズのゲームソフト、非売品スリーブなど(変更の可能性があります)
また、参加者の中から抽選でプレゼントする景品もございます。


<スケジュール>
開場 11:00
受付 11:00〜11:30
1回戦 12:00〜
↓スイスドロー6回戦予定(参加人数によって変更の可能性あり)
決勝ラウンド 17:00〜
※19:00ごろには全プログラム終了予定です


<諸注意>
※個人の主催する非公認大会です。株式会社ホビージャパン様、株式会社スクウェア・エニックス様へのお問い合わせはご遠慮ください。
※スコア記入用の筆記用具をご持参ください。


<主催の大会参加について>
主催である私(登別)が大会に参加する場合があります(参加人数によっては自重します)。具体的には、大会の進行をやりつつ、対戦にも参加します。主催は諸事情により関東エリア予選への参加が叶わなくなり、対戦に飢えているのです。ご理解ください。
大会を円滑に進行できるシステムを構築しておりますし、もちろん組み合わせなどを恣意的に操作することもございません。安心してご参加ください。


<事前予約について>
事前予約の受付を行います。事前予約をされた方は、定員をオーバーした場合、優先的に参加する権利を持ちます。運営を円滑に行うため、参加を希望される方は、なるべく予約をお願いいたします。
予約の方法
・本記事にコメントを付ける(要ハンドルネーム)
・Twitterで主催(@noboribetsu)宛にコメントを送る
予約者の一覧は別記事で更新していきます。


<レギュレーションに関するQ&A>
Q:レアリティ「E」のカードは使えますか?
A:はい、可能です。

Q:プロモーションカードとして配布された【1-090S】シャントットや【4-099R】ジタンなどのイラスト違いカードの扱いはどうなりますか?
A:カードに記載されている本来のレアリティに準拠します。この場合であればシャントットは使用不可、ジタンは使用可能です。


<サイドイベント>※9/12追加
第1回FFTCG検定試験
エントリー受付時間:11:30〜(予定)

FFTCGに関するマニアックな知識を競う「試験」です。公式イベントでよくあるクイズ大会よりも、さらにガチな「試験」になる予定です。知識量には自信がある、という方は是非エントリーしてみてください。
※参加希望の方は筆記用具を忘れずにご持参ください。
※成績上位者には非売品サプライなどを景品としてプレゼントします。

協力:ちょーぎょーじ

----------------------

というわけで第3回です。
前回の単色限定戦が予想以上に好評だったので、今回はさらに踏み込んだ形での限定構築戦を提案してみました。
ガーネット、フリオニール、ユウナ&ティーダ、レオ、エース、アレシア、ビビ、パロム、レオ、セフィロス……トーナメントシーンを賑わしてきた強力なカードたちが、あれもこれも使えないという環境です。逆に言うと、普段あまり使わないようなカードを使うチャンスのある環境です。ストレージボックスに無造作に詰め込んだコモンやアンコモンたちが、ここぞとばかりに輝くかもしれません。
また今回のフォーマットは、いわゆる「カード資産」が不足している人でも対等に戦うことが可能です。必須SRが揃っていないからと大会参加に二の足を踏んでいるそこのあなた!是非遊びに来てください。

それでは、FFTCGを愛してやまない皆様のご参加をお待ちしております!
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL