登別さんと土雷

2011.06.19 Sunday

この週末にたっぷりとFFTCGを遊んできた。
店舗予選出たり、横浜のカードゲームカーニバルに行ってミニトーナメントに出たり。
ちなみに権利はまだない。プロモWoLは8枚ある。
土雷を重点的に使い込んできたので、その感想とか。

■コンセプト
土→ブレイブで殴る担当。メインアタッカーはプリッシュとかヴィンセントwithギップル。
雷→除去担当。あとラムザ。
光→とにかくブレイブしたかったのでセシル。
風雷が多いような気がしていたので、除去でテンポが取れる雷と、ジタン系ユニットを止めつつバックアップを壊せる土を採用。
場を固めてしまえば大型ブレイブでゴリ押しできるという目論見。

■そしたら
土雷ミラーばっかりだったでござる。
プリッシュやガブラスが睨み合うと、ゴーレムがある分殴ったほうが分が悪い。
ジリ貧になって、手札に2枚目のプリッシュや7コストオーディンを先に引き込まれて負けみたいなパターンばかりだった。

■というわけで
大型で制圧するタイプの土雷が増えたのであれば、大型を葬れる風と組み合わせたほうがいいのではないか。
雷の除去力を失うことになるけど、そもそも土は素のパワーが高いから、低コスト帯にはもともと分があるだろうし。
そういった流れで土風に移行。とりあえず手元にあった風のスタメンの皆さんを適当に突っ込んでみた。
マリアが入ったのでキャラが被ってるセシルをリストラし、セフィロスに変更。
セフィロス+ヘカトンケイル+弓使いでバックアップをフルボッコにする構えに。

■その結果
いい感じに回るようになり、カーニバルのミニトーナメントでは(タイだけど)最多チップ獲得。
とりあえず次の予選はこれをもう少しチューンして出てみよう。

■余談
ミニトーナメントで最多チップだとスリーブがもらえたんだけど、タイだったため厳正なるジャンケンで決めることに。
当然のごとく敗退し、もらったのは1弾&2弾のカードリストポスター。
どうしようこれ。トイレにでも貼ろうか。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL