【デッキレシピ】水風リンクビート

2011.09.23 Friday

水流行ってますねえ。

--------------------------
■フォワード(28)

3 バイキング(1弾)
2 うたかたの夢想
2 ティーダ(PR)
3 ユージュ
3 イザヨイ
2 ティーダ(SR)
1 レナ

3 ジタン
3 ヴァン(2コスト)
3 オニオンナイト

3 バッツ

■バックアップ(16)

2 ヤーグ・ロッシュ
3 魔界幻士
2 青魔道士
2 ワッカ

2 弓使い
2 リュック(2弾)
2 マリア
1 導師

■召喚獣(6)

1 リヴァイアサン(2弾)
3 不浄王キュクレイン

2 アレキサンダー
--------------------------

流行の水リンクに風を組み込んでみた。
ワッカ+マリアで+2000や!とドヤ顔しながらティーダとバッツが殴るという単純明快なデッキ。
基本的にこの二人以外は突っ立ってるだけだけど、状況によってはイザヨイとオニオンがサブアタッカーになる感じ。

>ティーダ
SRが2枚なのは単純に持ってなかったから。
というのが一番の理由だけど、PRティーダを試してみたかったというのもある。
使ってみればわかるが、意外とフォワード6枚という条件は達成しやすい。
そしてSRティーダにはないブレイブが付く。これが実に大きい。
もちろんパワーの上昇値はSRのほうが上だけど、PRのブレイブが活きる局面もたくさんあった。
しばらくは2枚ずつで回してみることにしよう。

>ジタン
案の定全く仕事しなかった。バッツのジョブマスターに役立ったくらい。
イザヨイからのリンクで、とりあえず使える風2コストとして入れたのだが、除去を撃たないデッキでは機能するはずもなく。
リストラして踊り子あたりにチェンジかなー。一般兵なのがバッツ的に難だけど。

>アレキサンダー
環境的に撃つ機会が少ない。
リスクはあれど、除去範囲の広い輪廻王カオスにチェンジ予定。

【デッキレシピ】氷水試作一号機

2011.09.04 Sunday

祝、ChapterIII発売。
てなわけで、今回最大の強化色と名高い氷で早速組んでみた。

--------------------------
■フォワード(27)

3 スコール(PR-004)
3 シェルク
3 ネロ
3 ジェネシス
2 ラグナ(PR-017)
3 ヴァイス

3 バイキング
3 カイナッツォ
2 ユージュ

2 ガーランド

■バックアップ(17)

2 ジル・ナバート
3 時魔道士(アタック不可)
3 時魔道士(アシスト)
2 アイテム士(ダル)

3 魔界幻士
3 青魔道士
2 ローザ

■召喚獣(6)

3 背徳の皇帝マティウス

3 暗黒の雲ファムフリート
--------------------------

新デッキを組むときは、まずはコンセプトをとことん尖らせたほうが長所・短所が見えてきやすい気がする。
なので、今回はダルを試すべくラグナやアイテム士まで突っ込んだ構築に。
氷ミラーなど、除去が少なめの色相手だとスコールが生き残りやすいので、ラグナは4枚目のジェネシスとして結構活躍してくれた。
アイテム士はさすがにちょっと微妙。この枠は導師かな。

水のチョイスは割と適当。
イフリートに除去られたときの悲しみを少しでも減らすべく、召喚獣耐性の付くローザを採用したけど、ここは環境によって変えていくかも。
あといくらリンクしたいとはいえユージュはやりすぎ感。
ここは火と、密かに氷ミラーにも耐性がつくアーシェにチェンジ予定。

ガーランドはかなりいい仕事をした。
全体的に非力なデッキなので、ヴァイスに並ぶアタッカーとして存在感あり。

次はハンデスに特化した形の氷も試してみようかと。
ヴァイスからのリンク先も豊富で色々悩むし、今回の氷はデッキの組み甲斐があって楽しい楽しい。

ChapterIIまでを振り返る

2011.09.02 Friday

もうChapterIIIのカードリストまで上がってるけどね!
とりあえずこの半年を振り返ってみよう。

●ChapterI
エントリー買ってつらつらと中身を眺めた結果、「オーディンとアレキサンダーあればなんでも除去れるんじゃね?」と安易な発想に行き着き、初めて組んだデッキは風雷。
当時はまだジタンを揃えておらず、忍者とかが入っていた。
仲間内で遊んでいるうちにショップ大会に出るようになるが、そこは右も左も風雷祭り。
天の邪鬼思考により別のデッキを組み始める。

Uライトニングに何度も痛い目にあっていたせいか、ガイが強く見え始め、水土を組む。
この時俺は気づいていなかった。
ライトニングやケットシーで寝かされないメリットよりも、オーディンやシーモアであっさり除去られるデメリットのほうが遙かに大きいことに……

PRスコールが揃ったので氷で組もうと思い立つ。
シーモアを使われたあとのティナさんがマジ鉄壁で濡れる。
アレキサンダーをアド損カードにしてしまうティナ+クジャとか濡れる。
ChapterI後期は氷雷がメインデッキとなり、大会でもそれなりに戦えるくらいにはなる。

●ChapterII
引き続き氷雷でティナさんを愛でようと思っていたら、いきなり深い悲しみを背負う羽目に。
主犯はアーヴァインとカインである。
アーヴァインはジル・ナバートさんにおっぱいバリアしてもらえば防げるものの、カインがどうしようもない。
カインが流行るようだと、3コストが主体の氷は非常に厳しい。
泣く泣く氷をしばし諦め、別のデッキを模索し始める。迷走ともいう。

「風単セシルチョコボ」など謎のデッキを試しているうちに、店舗予選が始まってしまう。
なんとなくイングズとプリッシュが強そうに見えたので、土を主軸に戦っていくことを決意。
まずはプリッシュを活かすべく土雷で挑むが、なかなか戦績が振るわず。
悩んだあげく土風にシフトし、10回もの参加を経てようやく予選を抜ける。

エリア予選までの調整の間に、さらなる迷走を迎える。
「2色以上のデッキはバック破壊で色を崩されたときにリカバリできないので単色最強」
とか
「バック破壊が横行している環境において最強の5コストフォワードはアーロン」
とか、思考がよくわからない方向に向かう。
というかバック破壊アレルギー。
悩んだ末に火土風アーロンという謎のデッキが完成し、それを手にエリア予選に参戦。
当然のごとくフルボッコにされ、己の甘さを知る。

現在に至る。


さあ、これからよろしくChapterIII!!

キャラホビ

2011.08.30 Tuesday

キャラホビ行ってきた。
当然のごとく全国大会の権利などないので、目的はChapter3のプレリリースと観戦。

●全国大会決勝
参加者が32人ということで、結構こじんまりと行われていた。
卓の数としてはプレリのほうが多いので、むしろ隅っこでやっていた決勝がサイドイベントだったんじゃないかと感じるくらい。
会場の性質上あまり大がかりなことができないのは一目でわかったけど、もう少し飾り立ててあげても良かったんじゃないかなあ。
決勝のテーブルだけ平台の上にして、少し囲ってやるだけでもだいぶ違ったと思う。

TCGの大会ってのはなかなかショーアップが難しいものだけど、このあたりはうまく他のTCGとか大先輩のMTGからいいところを取り入れていってほしい。
大きい大会のカバレージとか是非やってほしい。ああいうの大好き。

あ、優勝した方おめでとうございます。見てないけど。

●プレリリース
8人でシールド戦。火を中心に構築して、2勝1敗だった。
リミテッドなので、基本的には除去が少ない。逆に言うと、一発除去を撃つだけでペースがだいぶ変わる。
また、基本的に殴り合いになるので使い減りしないパンプアップアビリティがかなり重宝する。
FFTCGのシールドは初めてだったけど、なんとなくコツが掴めた。
エリアチャンピオンシップはシールド戦なので、もうちょっと練習を積んでおきたいところ。

あんま参考にならんだろうけど、一応組んだデッキも載せておこう。
長いので続きに。

【デッキレシピ】関東エリア大会使用デッキ

2011.07.31 Sunday

関東エリア大会行ってきた。
結果? 聞くな。聞くなって!

使用したデッキはこんな感じ。
惨敗した人のレシピなんて需要ないだろ、と思いつつも自分用の備忘録として置いときます。
対戦レポとかはまた改めて。僕疲れたよパトラッシュ。

--------------------------

■フォワード(24)

3 RレッドXIII
3 ルビカンテ
3 Uアーロン

3 ジタン

2 陰陽師
2 スカルミリョーネ
3 イングズ
3 プリッシュ

2 セフィロス

■バックアップ(18)

3 赤魔導士
2 黒魔導士

2 マリア

3 セルフィ
1 キマリ
3 モンク
1 黒魔導士
2 シャントット

1 カオス

■召喚獣(8)

1 バハムート

3 アレキサンダー

2 ゴーレム
2 ヘカトンケイル

ChapterIII 先行カード情報

2011.07.21 Thursday

ファミ通.comに新カードが何枚か載っているようで。

『ファイナルファンタジー・トレーディングカードゲーム』の第3弾が9月2日に発売決定

ChapterIIのときはこのタイミングでニュースサイトに載ったあと大幅にテキストが変わったりしたので、このままの形で商品に収録されるとは限りません。
まぁ、ご参考程度にってことで。

アナザーフォームガーランドかっけー。

現環境覚書

2011.07.13 Wednesday

エリア大会も近づいてきたので、自分用メモ。

●よく見かけるデッキ(東京近郊で)

★土雷
キーカード:イングズ、プリッシュ、シャントット、ヘカトンケイル、シーモア、オーディン
・でかい
・雷に除去られる
・シャントットに流される
・バックアップ割られる
・地味に展開早い

★風雷
キーカード:ジタン、マリア、アレキサンダー、オーディン、シーモア
・ひたすらジタンに殴られる
・ひたすら除去られる
・マリアででかくなる
・バックアップが起きまくる

★風土雷
・上ふたつが合体
・相手が事故ることを祈る

★水雷
キーカード:ユージュ、カイナッツォ、リヴァイアサン、シーモア、オーディン
・リンクの展開力
・カイナッツォの防御力
・うっかりエースオブブリッツが飛んでくることもある


●よく見かけるカードの対策

★風
・ジタン→ジタン、スカルミリョーネ
・各種バックアップ起こし系→ヤーグ・ロッシュ
・マリア→ヘカトンケイル、SRセフィロス
・アレキサンダー→プリッシュ、カーバンクル、魔界幻士

★土
・プリッシュ→シャントット、シド・ポレンディーナ
・シャントット→なし。フォワードを並べすぎないようにする
・ヘカトンケイル→Uアーロン、ヤーグ・ロッシュ

★雷
・シーモア→雷のフォワード、ジタン、SRユウナ、ルビカンテ、Uエアリス
・オーディン→ジタン、ルビカンテ、Uエアリス、カーバンクル、魔界幻士

★水
・カイナッツォ→各種除去、SRユウナ、フェアリー

★光闇
・セフィロス→アレキサンダー、PRウォーリアオブライト、Uアーロン、ヤーグ・ロッシュ、Uイデア
・皇帝→オーディン、シーモア、PRウォーリアオブライト、アクションアビリティに頼らないデッキ構築

【デッキレシピ】雷単

2011.07.10 Sunday

単色楽しい! すげえ楽しい!

--------------------------

雷単

■フォワード(26)
2 ケットシーC
3 ザルバッグ
3 竜騎士(ヘイスト)
3 竜騎士(先制攻撃)
2 ライトニングU
3 ラムザU
2 リチャード
3 サイファーR
2 カインSR
3 セシルSR

■バックアップ(17)
2 召喚士
3 赤魔道師
2 黒魔道士
2 マーキー
2 ルールーU
2 賢者
2 シーモア
2 イデア

■召喚獣(7)
3 オーディンR
2 オーディンU
2 クリュプス

--------------------------

ライオンハート杯に持って行ってそれなりに好成績だったデッキ。
久しぶりに単色使ったら、バックアップが全然事故らずサクサク出せるのに感動した。
これこそが単色の強みだ。

コンセプトは、イデア出してサイファーとラムザでゴリゴリするデッキ。
ルールーも絡めれば4コストながらパワー10000に達するので頼りになります。

光闇枠からはSRセシルをチョイス。ブレイブ持って殴りかかるラムザたちは本当に頼りになる。
イデアを出せばデメリット能力が消せるのは大きいし、いざとなればリチャードで守ることもできる。
セシルとカインの共同戦線というシチュエーションを作れるのもちょっと楽しい。

相手のバックアップには全く触れないけど、そこは単色の定めと思って潔く諦めるべし。
どんなデッキにもとりあえずSRセフィロス入れちゃうのは思考停止の始まりだ!

ライオンハート杯とPR-016スコール

2011.07.02 Saturday

7月ですよーライオンハート杯ですよー権利取って暇な人は行くといいですよー。
参加賞PRカードはスコールですよー。

-----------------
氷4/6000
あなたがラグナをコントロールしている場合、スコールのパワーは+2000される。
スコールがフィールドに出たとき、すべてのプレイヤーは手札を1枚捨てる。あなたがラグナをコントロールしている場合、対戦相手はさらに手札を1枚捨てる。
-----------------

通算で4枚目のスコール。PRとしては2枚目。2種類のPRが作られてるのはセシル・ウォーリアオブライトに続いて3人目。
能力的には、親父(ラグナ)がいるとパワーアップするというファザコン性能。
悪くはないんだが、原作再現的にはリノアでパワーアップしたほうが良いのではないだろうか。
リノアは頑張ってスコールを墓地から回収したりアクティブにしたりしているというのに!
それとも、まだリノアにデレる前のスコールってことなんだろうか。

まぁ、正直氷と風は相性のいい色ではないので、同じ氷でまとめられるラグナと組ませたほうがゲーム的にはよっぽどまともなデッキになる。
とはいえ、双方ハンデスはちょっと使いにくいかな。
ラグナがいればパンプするとはいえ、それでも8000でイフリートの射程圏内なのがちと辛い。

現状だと、他のスコールがいずれも優秀なので、そこを押しのけてまで入るスペックではないかと。
とはいえ、何気に導師で蘇生できるのは面白いし、ハンデスデッキにとっては貴重な新戦力である。
パイン入りのヘビーハンデスデッキとか組んでみようか!

ようやく店舗予選突破

2011.06.26 Sunday



これだけのウォーリアオブライトさんが集まってしまったわけですがね


使用デッキは土風。
そこに至るまでの経緯は前々回のエントリに書いた通り。
レシピはこんな感じになりました。

--------------------------

■フォワード(25)

3 ジタン
2 ホープ 1弾U
2 オニオンナイト

2 陰陽師
2 スカルミリョーネ
3 ヴィンセントU
3 イングズ
2 ヴィンセントR
3 プリッシュ
1 ガブラス

2 セフィロス

■バックアップ(16)

3 弓使い
2 マリア

2 幻術師
3 モンク
1 狩人
1 セルフィ
2 ギップル
2 シャントット

■召喚獣(9)

3 アレキサンダー

3 ゴーレム
3 ヘカトンケイル

--------------------------

ギップル+ヴィンセントがかなりいい仕事をする。
1弾環境では微妙な子だったヴィンセントさんが、ブレイブを得ただけでこんなにも化けるとは……。

結構お気に入りの形になったので、エリア予選にもこのまま持っていこうかと。